いつまでも元気

健康長寿のための実践や気づきを主とするブログです。

平和の森公園(北側部分)

 自宅からの徒歩圏内のスポットの紹介を続けます。

今回は大田区立の「平和の森公園」の北側部分を紹介します。

アクセス

京急線の平和島駅の近くに広がる大田区立の公園です。

 

 

自宅から歩いて行くときは、平和島口の交差点近くの入口から入ります。

歩道橋の先の右側が今回の目的地の「平和の森公園」で、沢山の樹木が植えられています。

f:id:JK18:20200504083934j:plain

入口に到着。
緑色が鮮やかです。

f:id:JK18:20200504091551j:plain

 

公園の構成

公園は真中を環状7号線が通っていて、南北に大きく分けられています。
今回は北側(案内板の右側)部分を紹介します。

f:id:JK18:20200504091824j:plain

 

「ヘビを目撃した例がある」という、少し驚ろかされるような看板が入口近くにありました。
都会の中でも、樹木を沢山植えている場所では今でもヘビが住んでいるのだなと感心させられました。

f:id:JK18:20200504092325j:plain

 

愛し子の像

公園の北の端に「平和都市宣言」の塔が建っています。

f:id:JK18:20200504093040j:plain

 

塔の頂上は子供を抱く母親のブロンズ像です。

f:id:JK18:20200504093222j:plain

 

塔の裏側にはこの塔の名前が、
平和の像「愛し子」であることや、
昭和59年(1984年)に建立されたことが刻まれていました。

f:id:JK18:20200504093502j:plain

 

塔の横には、平和を祈る言葉が刻まれています。

f:id:JK18:20200504093804j:plain

 

噴水

塔の前には噴水がありますが、水が抜かれていました。

f:id:JK18:20200504094504j:plain

 

噴水の向こう側は大きな広場です。

f:id:JK18:20200504094657j:plain

 

広場の端まで行くと塔は小さく見えます。
また、外出自粛の折、人出はほとんどありません。

f:id:JK18:20200504094844j:plain

 

みどりの縁側

広場の横には休憩所「みどりの縁側」があり、通常の時期には、花とみどりに親しむためのイベントなどが開催されます。

f:id:JK18:20200504100054j:plain

 

しかし、現在は閉館中です。
ウィルス対策でやむなしです。

f:id:JK18:20200504100057j:plain

 

流れる滝

「流れる滝」(カスケード)には通常は水が流れていますが、今は噴水と同様に水が抜かれています。

f:id:JK18:20200504101107j:plain

 

通常の時期は水の流れを楽しめますが、ウィルス対策のために人が集まるようなことを避けるため、水を止めているのでしょう。

f:id:JK18:20200504101138j:plain
f:id:JK18:20200504101203j:plain

 

ひようたん池

流れる滝の奥には、瓢箪(ひょうたん)のような形をした細長い池があります。
ここには水が、いつもの通りありました。

f:id:JK18:20200504101557j:plain

 

池の噴水も健在です。

f:id:JK18:20200504101600j:plain

 

この池では釣りをすることが認められ、釣りデッキも用意されています。
ただし、注意書きの7番には
「釣った魚は、必ず池に返しましょう。」
と書かれていて、獲物の持ち帰りは禁止されています。

f:id:JK18:20200504101604j:plain

 

釣りデッキに人の姿はまばらです。

f:id:JK18:20200504101607j:plain

 

自然観察園

ひょうたん池の奥の部分に、水の上まで遊歩道が巡らされている部分があります。

f:id:JK18:20200504102410j:plain

 

この部分は、水生植物や昆虫を観察して楽しめる自然観察園なのです。

f:id:JK18:20200504102406j:plain

 

池の上に巡らされた遊歩道の上からは、水生植物が間近に楽しむことができるようになっています。

f:id:JK18:20200504102412j:plain

おわりに

外出自粛要請の折、公共交通の使用は慎みますが、健康維持のための自宅付近で人混みを避けた散歩は続ける予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。